Press "Enter" to skip to content

霜降りお肉の「リブロース」

リブロースステーキといった言葉の響きはよく聞くことがあると思います。

これは主に日本ではファミリーレストランのステーキ肉に使用されるからですね。

しかし、「ファミレスで使われてるなら大したことないのかも、贈りものには向かなそう」というのは間違いです。

霜降りのお肉で一番人気が高く流通されているのはこちらのリブロース部分ですからね。

やはり日本人の舌に合う部位なんだと思います。

そして比較的お肉の部位の中では高価なところですので、贈り物にも最適できっと相手も喜んでくれると思います。

そんなリブロースというお肉の特徴やおすすめ料理方法をこちらではご紹介していきますので、しっかりチェックしていってくださいね。

リブロースとは…

まず「ロース」とは何かと言うと「ローストに適した部分」という意味を持っています。

焼くという意味を持つローストが変形したものですね。

種類としては大きく肩ロースやリブロースといったように分けられます。

海外に比べて肉食の歴史が浅い日本では「ロイン」という言葉と混ざってしまっていますが、基本的に海外でロースという言い方はしません。

ただしロースが指している部分は肩から腰のあたりまでをいいますので、「ロイン」とほぼ同じと考えてもらってかまわないかと思います。

ちなみに「リブ」はあばら骨付近のことです。

スペアリブの名前で馴染みがあるかと思います。

海外では骨の周りの肉が一番美味しいという概念があるほどなので、リブロース(海外でいつところのリブロイン)は牛肉の中で一番旨味に溢れた場所といえるかもしれませんね。

おすすめしたい食べ方

リブロースはやはり焼き目がつくほどしっかりと焼いたものがジューシーで旨味が感じられます。

上品にステーキにしてもいいですが、炭火でのバーベキュースタイルでもその真価を発揮します。

脂身と肉質の柔らかさが特徴ですので、こだわったソースなどを一緒に贈っても喜ばれるかと思います。

贈りたい相手(こんな人におすすめ)

脂身が多いので比較的に男性向けの部位ですが、炭火&網で余計な脂を落としてしっかりと焼き上げたリブロースは柔らかくて女性にも人気です。

そのため男女問わずギフトに選べるメリットがあるかと思います。

お子さんがいる家庭にはある程度お肉の量が必要となりますが、サーロインほど高価なものではありませんのでステーキ肉にしても塊肉にしても比較的購入しやすいかと思います。

4人以上の家族に贈る牛肉ギフトとして考えるならリブロースが最適なのではないでしょうか。