Press "Enter" to skip to content

柔らかさNo.1!女性に圧倒的人気「ヒレ」

ヒレ肉というとやはり上品なイメージがありますよね。

そしてヒレ肉をチョイスするというのはちょっと大人な選択肢でもあります。

トンカツなどを想像すると分かりやすいですが、子供のころはロースかつ一択だったものが大人になるとヒレかつを頼みたくなるあの現象です。

やはりロースなどに比べて脂身が少なく、かつ肉質が柔らかというのが最大の特徴です。

かといってもちろんパサついているわけではなく、サーロインあたりの極上の霜降り脂がしっとりとヒレ肉の周りにも付いています。

人によっては牛肉の中で一番美味しいと評する人もいるでしょうし、女性にとってはヘルシーな印象が強いので罪悪感なく楽しめる最高の牛肉の部位です。

ここでは、そんなヒレ肉についての特徴とおススメの食べ方をご紹介していきたいと思います。

ヒレとは…

ヒレ肉の「ヒレ」とは元々フランス語の「フィレ(filet)」からきています。

腰からあばら骨にかけての部位を指しますが、日本で定められている牛肉のヒレはだいたい一頭から全体の3%ほどしかとれない貴重な部分です。

そのため値段も高く、ステーキにしろ焼肉にしろ効果なイメージが強くなっているわけですね。

ちなみに近年人気と知名度が高まっているのが「シャトーブリアン」です。

こちらはヒレ肉の中でも中心部分の上質な肉塊を指します。

どこのメニューやサイトを見ても非常に高価な価格設定となっていると思いますが、相手にとってはギフトとして贈られたらこれ以上はないという人気商品です。

おすすめしたい食べ方

ヒレ肉は基本的にはステーキ用のお肉という認識が強いかと思います。

これは脂身が少ないため、あまり火を通さずに中心に熱が通れば大丈夫という肉の特性が活きているからです。

そのためレアで楽しめるというメリットがありますね。

肉本来の旨味をしっかりと味わえる部位ですので、ぜひ厚切りでレア~ミディアムレアの焼き加減で食べて欲しい部分となっています。

贈りたい相手(こんな人におすすめ)

脂身が少ないということはカロリーもその分控えめ。

女性に人気の部分ですので、お仕事でお世話になっている女性の上司や取引先の相手に贈ってみてはいかがでしょうか。

また、柔らかい肉質が特徴的ですので年配の方にも安心して贈ることが出来ます。

あまり量をたくさん食べる部位ではありませんし、少量でも満足感が得られます。

人気・肉質ともに最高ランクのお肉ギフトといえるでしょう。