[07-Dec-2018 23:37:40 UTC] PHP Fatal error: Call to undefined function add_action() in /home/m050c294/public_html/want2speakthai.com/wp-content/themes/cele/inc/customizer.php on line 4 mogumogu – Page 2 – 貰ってうれしい贈ってうれしい!牛肉ギフトの選び方 Press "Enter" to skip to content

Author: mogumogu

焼き肉以外でも主役級!「タン」

焼肉屋さんに行ったとして、まず始めにメニューを見なくても頼む商品がいくつかありますよね。 もちろんその中のひとつには「タン」が含まれているかと思います。 牛タンはブームにもなり、認知度も上がったことから非常に人気の高い部位です。 特に仙台の牛タンなどはご当地グルメとしても有名ですね。 そんな牛タンですが、舌の部分によって味や料理方法が違うって知っていましたか? また、普段私たちが目にしているタンの全容を見たことがある人というのも実は少ないのではないでしょうか。 そうしたタンについての情報や部分ごとのおススメ料理法をここではご紹介していきたいと思っています。 ぜひこれを機に「タン」について詳しくなっていってくださいね。 タンとは?もちろん舌のことです! タンとは英語から来ている言葉ですが、よく聞く「牛タン」はある意味和製英語にもなっていて海外の旅行客も注文するほどです。 私たちがよく目にするタンというと焼き肉屋さんでスライスされているものが多いかと思います。 しかし、実は牛タンは全長数十センチにもなる巨大な塊です。 その大きさから主に4つの部分に分けて出荷されています。 タン先… こちらは名前通りタンの先のところを指します。 脂肪分が少なく、肉質が固いこともあり主に煮込み料理に使われます。 タン中… 別名クラウンカットとも呼ばれる部分で、タンの真ん中表面を指します。 私たちが焼き肉屋さんで頼むと出てくるのはこの部分がほとんどなります。 タン下… 別名タンルートとも呼ばれ、タンの裏側部分を指します。 自分の下の裏側を考えれば分かりやすいですが、非常に筋が多いですよね?牛タンも同じように筋が多いので焼き肉にはあまり適していません。 こちらは挽肉などにしてハンバーグ用に加工されたりしています。 タン元… こちらは店舗や地域によってもその名前が変わりますが、舌の根元部分を指します。…

柔らかさNo.1!女性に圧倒的人気「ヒレ」

ヒレ肉というとやはり上品なイメージがありますよね。 そしてヒレ肉をチョイスするというのはちょっと大人な選択肢でもあります。 トンカツなどを想像すると分かりやすいですが、子供のころはロースかつ一択だったものが大人になるとヒレかつを頼みたくなるあの現象です。 やはりロースなどに比べて脂身が少なく、かつ肉質が柔らかというのが最大の特徴です。 かといってもちろんパサついているわけではなく、サーロインあたりの極上の霜降り脂がしっとりとヒレ肉の周りにも付いています。 人によっては牛肉の中で一番美味しいと評する人もいるでしょうし、女性にとってはヘルシーな印象が強いので罪悪感なく楽しめる最高の牛肉の部位です。 ここでは、そんなヒレ肉についての特徴とおススメの食べ方をご紹介していきたいと思います。 ヒレとは… ヒレ肉の「ヒレ」とは元々フランス語の「フィレ(filet)」からきています。 腰からあばら骨にかけての部位を指しますが、日本で定められている牛肉のヒレはだいたい一頭から全体の3%ほどしかとれない貴重な部分です。 そのため値段も高く、ステーキにしろ焼肉にしろ効果なイメージが強くなっているわけですね。 ちなみに近年人気と知名度が高まっているのが「シャトーブリアン」です。 こちらはヒレ肉の中でも中心部分の上質な肉塊を指します。 どこのメニューやサイトを見ても非常に高価な価格設定となっていると思いますが、相手にとってはギフトとして贈られたらこれ以上はないという人気商品です。 おすすめしたい食べ方 ヒレ肉は基本的にはステーキ用のお肉という認識が強いかと思います。 これは脂身が少ないため、あまり火を通さずに中心に熱が通れば大丈夫という肉の特性が活きているからです。 そのためレアで楽しめるというメリットがありますね。 肉本来の旨味をしっかりと味わえる部位ですので、ぜひ厚切りでレア~ミディアムレアの焼き加減で食べて欲しい部分となっています。 贈りたい相手(こんな人におすすめ) 脂身が少ないということはカロリーもその分控えめ。 女性に人気の部分ですので、お仕事でお世話になっている女性の上司や取引先の相手に贈ってみてはいかがでしょうか。 また、柔らかい肉質が特徴的ですので年配の方にも安心して贈ることが出来ます。 あまり量をたくさん食べる部位ではありませんし、少量でも満足感が得られます。 人気・肉質ともに最高ランクのお肉ギフトといえるでしょう。

霜降りお肉の「リブロース」

リブロースステーキといった言葉の響きはよく聞くことがあると思います。 これは主に日本ではファミリーレストランのステーキ肉に使用されるからですね。 しかし、「ファミレスで使われてるなら大したことないのかも、贈りものには向かなそう」というのは間違いです。 霜降りのお肉で一番人気が高く流通されているのはこちらのリブロース部分ですからね。 やはり日本人の舌に合う部位なんだと思います。 そして比較的お肉の部位の中では高価なところですので、贈り物にも最適できっと相手も喜んでくれると思います。 そんなリブロースというお肉の特徴やおすすめ料理方法をこちらではご紹介していきますので、しっかりチェックしていってくださいね。 リブロースとは… まず「ロース」とは何かと言うと「ローストに適した部分」という意味を持っています。 焼くという意味を持つローストが変形したものですね。 種類としては大きく肩ロースやリブロースといったように分けられます。 海外に比べて肉食の歴史が浅い日本では「ロイン」という言葉と混ざってしまっていますが、基本的に海外でロースという言い方はしません。 ただしロースが指している部分は肩から腰のあたりまでをいいますので、「ロイン」とほぼ同じと考えてもらってかまわないかと思います。 ちなみに「リブ」はあばら骨付近のことです。 スペアリブの名前で馴染みがあるかと思います。 海外では骨の周りの肉が一番美味しいという概念があるほどなので、リブロース(海外でいつところのリブロイン)は牛肉の中で一番旨味に溢れた場所といえるかもしれませんね。 おすすめしたい食べ方 リブロースはやはり焼き目がつくほどしっかりと焼いたものがジューシーで旨味が感じられます。 上品にステーキにしてもいいですが、炭火でのバーベキュースタイルでもその真価を発揮します。 脂身と肉質の柔らかさが特徴ですので、こだわったソースなどを一緒に贈っても喜ばれるかと思います。 贈りたい相手(こんな人におすすめ) 脂身が多いので比較的に男性向けの部位ですが、炭火&網で余計な脂を落としてしっかりと焼き上げたリブロースは柔らかくて女性にも人気です。 そのため男女問わずギフトに選べるメリットがあるかと思います。 お子さんがいる家庭にはある程度お肉の量が必要となりますが、サーロインほど高価なものではありませんのでステーキ肉にしても塊肉にしても比較的購入しやすいかと思います。 4人以上の家族に贈る牛肉ギフトとして考えるならリブロースが最適なのではないでしょうか。

お肉の王様! 「サーロイン」

「高級なお肉とはどこの部分ですか?」という質問があり、メニューから選んでと言われたらほとんどの人が「サーロイン」と答えると思います。 それほど日本人にとっては聞き馴染みがあり、かつ高級というイメージが強い牛肉の部位です。 そんなサーロインはやはり牛肉ギフトの中でもトップの人気となっています。 高級ブランド牛のサーロインステーキ肉を一枚差し出されたとして、喜ばない人はいません! しかし、あなたはサーロインの本当の意味や部位の特徴を知っていますか? ここではそんなお肉についての知識や情報をご紹介していきます。 ギフトを贈る前にササッと勉強して、相手から何か聞かれたら答えられるようになっていってくださいね。 サーロインとは… サーロインとは「サー」と「ロイン」で言葉が分かれます。 本来「サー」とはイギリスにおける男性への敬称であり、古くは騎士における栄誉称号のひとつです。 そして「ロイン」は腰のあたりを指す言葉となっています。 昔イギリスの王様がこの部位を焼いたものを食べたときに「このロインはとても美味しいからサーの称号を与えよう」と発言したことから、サーロインという言葉が定着したというのが一般的な見解です。 本来牛肉においてロインは、肩のあたりから腰のあたりまでを指す言葉です。 肩の方から順番に「リブロイン」「サーロイン」「テンダーロイン」と分かれていますが、焼肉屋さんやステーキ屋さんではリブロースなどとも表記されていますね。 おすすめしたい食べ方 基本的にサーロインは霜降りの脂身が特徴的な部位ですので、やはりしっかりと焼いたステーキが食べ方としてはマッチします。 これは動物の肉の脂は魚の脂と比べて融点が高いため、熱を通さないと溶け出して旨味へと変わらないためです。 薄切りならしゃぶしゃぶなどでも脂が溶け出しますが、せっかくのサーロイン部位であればステーキで食べるのがベストといえるでしょう。 贈りたい相手(こんな人におすすめ) サーロインは脂肪が多くカロリーが高いため、どちらかというと男性向けといわれています。 女性に贈る場合は少々グラム数を抑えて贈ったほうがいいかもしれませんね。 また、年配の方だと比較的脂身を重く感じてしまうかもしれないので、少し検討したほうがいいかもしれません。