Press "Enter" to skip to content

Category: 牛肉の部位

お手頃価格でやわらかい「ランプ」

最近、飲食店でもよく見かけるようになった「ランプ」という表記。 ランプステーキなどは脂肪分が少なく、女性や年配の方にも好まれていますよね。 主に牛のお尻あたりの肉を指しますが、実は色々な部位に分かれているのです。 ヒレ肉に近い特徴を持っているランプですが、ヒレと比べるとかなり安価に手に入るのが魅力的です。 そんなランプ肉についてご紹介しながら、おススメの食べ方や種類を見ていきたいと思います。 ランプってお尻のお肉なの?実はモモ肉? まずはランプとは何かをご説明していきます。 ランプとよく呼ばれているのはモモ肉に属されていて、正式名称は「らんいち」です。 これは「いちぼ」と呼ばれるお尻のお肉と一緒になっているからですね。 全体的に見ると「腰からモモまでの肉(お尻を含む)」、こちらをランプと呼ぶケースが多いです。 ランプ ランプは「らん」と「らんぼそ」に分けられます。 らんの方が硬く、らんぼその方が柔らかいと考えてもらえれば大丈夫です。 主にランプと呼ばれるのはらんの方ですね。 いちぼ いちぼはお尻部分に近いところのお肉です。 「クレート」「エイチボーン」という2つに分けられます。 クレートの方はサーロインに繋がる背中側の部分、エイチボーンはモモ肉の方に繋がる部分です。 そのため、いちぼの中でもクレートはステーキ用・エイチボーンは焼肉用といった役割分担がされます。 (もちろん店舗によって多少異なります!) こうした形にランプ肉は分かれていますが、全部がお尻の肉という訳ではなく部分的にお尻にあたるものもあるといったのが正解かもしれませんね。 おすすめの食べ方 ランプ肉はご説明したように色々な種類に分けることが出来ますが、全体的には脂身が少なく赤身の美味しさを味わう部位といえるでしょう。 そのため厚切りのステーキにしてもいいですし、薄切りにしてすき焼きや焼肉として楽しむことも出来ます。 部位ごとの旨味を確認できるギフトセットもありますので、贈られた相手が色々な味を楽しめて喜んでいただけるというのがランプの魅力といえますね。…

ダイエット中の強い味方「もも」

赤身部分が多くダイエット中にも食べられることで人気のある「モモ肉」。 しかし実はこのモモ肉、牛肉の中でも非常に奥が深い部位なのです。 普段私たちが食べているモモ肉だとカレーやローストビーフなどに使われていることが多いですが、実はステーキにも焼肉用としても楽しめるのがモモ肉。 そんな意外と知らないモモ肉について、ここではご紹介していきたいと思います。 モモ肉とは?意外と知らない3つの分け方 ここでは主に牛のモモ肉についてご説明いたします。 一概にモモ肉といっても実は大きく3つに分けることが出来ます。 内モモ 内股の部分を内モモと指します。 モモ肉自体が脂身の少ない赤身肉で構成されていますが、内モモは特に赤身質な部位となっています。 しんたま 内モモ肉の一部にあたる球状にカットされる肉を「しんたま」と呼びます。 しんたまは「カメノコ」「カブリ」「ひうち」「しんしん(関西ではまるしん)」の4つに分けることが出来ます。 最近ではひうちを「友三角(ともさんかく)」とも呼び、霜降り肉のひとつにもなりますね。 その貴重価値から高級焼き肉店でも提供されるようになっています。 また、しんしんは非常に柔らかい肉質が特徴的で牛肉の中でもその美味しさが上位に入るほどの部位です。 外モモ 筋肉が非常に発達した部分で赤身肉の代表的な部位です。 基本的には脂身があまりないので、すき焼きやカレーなどに使用されることが多い部分ですね。 また筋が多いのも特徴で、下処理が必要なことから比較的安い価格で市場に流通されています。 おすすめの食べ方 内モモ肉であれば塊肉をローストビーフに使用されることが多いと思います。 また薄切りにしてすき焼きやしゃぶしゃぶにも使うことが出来ます。 脂身が少ないのでサッパリとした味を好む方には人気の部位となっています。 外モモは基本的にカレーなどの煮込み料理に向いています。…

じっくりコトコト向きの「すね肉」

牛肉のすね肉というとあまり馴染みがないかもしれませんが、実は意外と色々な料理に使われているんです。 和風でいえばもつ煮などにも入れることがありますし、洋風であればポトフなどが代表に挙げられるでしょうか。 また、ちょっとごちそう気分となれば牛すね肉の赤ワイン煮込みなどが作れますね。 そうした料理への対応能力が高いところが牛すね肉の特徴といえるでしょう。 さらに嬉しいのがその価格。 だいたい和牛のサーロインやロースといった部分のおよそ半額で購入できます。 贈り物にも自宅で楽しむのにも使える牛すね肉について、ここではご紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。 すねとは すね肉というと自分のすねを想像して固そうだなぁと思うかもしれませんが、実際にはふくらはぎの肉のことを指します。 もちろん一番運動する部分ですから、筋肉質でほかの牛肉部分と比べると固くは感じますがコラーゲンを含むゼラチン質が豊富で煮込み料理などに使用するとトロトロになります。 さらには市場において比較的安価に購入できることから、普段使いが出来る牛肉として人気がある部位でもあります。 おすすめの食べ方 すね肉は若干固く感じますが、実は新鮮なものであればステーキにも使用できます。 赤身肉の旨味を感じられますので、モモ肉に近い食感といえるかもしれませんね。 ただ、だいたいは煮込み料理に使用することが多いかと思います。 時間をかけて煮込むことにより、すねの骨付近に付いたゼラチン質が溶け出して上質なダシ&スープになりますので非常におすすめです。 ポトフ、赤ワイン煮込みといったものが飲食店では提供されていますが、家庭であればカレーやシチューといった料理に使われることが多いですね。 個人的にはホルモン(モツ)と一緒にジャガイモやニンジンといった根菜類を合わせて煮込む料理がおススメです。 ホルモンを足すことで「すね肉に不足している脂成分」を補い、さらに根菜自体が柔らかくなりますので非常に美味しく仕上がります。 和風・洋風どちらの味付けでも大丈夫ですので一度お試し頂けばと思います。 贈りたい相手(こんな人におすすめ) 基本は煮込み料理中心の使い方になると思いますので、北海道や東北にお住まいの方へのギフトに向いているかと思います。 また、料理が好きな方であればやはり牛すね肉は使ってみたい食材ですので、喜ばれるのではないでしょうか。 お子さんがいる家庭であれば簡単にカレーなどにも出来ますしね。 比較的安価ですので、ブランド牛のすね肉などを贈って一味違ったカレーを楽しんでもらうというのも良いアイディアだと思いますよ。…

焼き肉以外でも主役級!「タン」

焼肉屋さんに行ったとして、まず始めにメニューを見なくても頼む商品がいくつかありますよね。 もちろんその中のひとつには「タン」が含まれているかと思います。 牛タンはブームにもなり、認知度も上がったことから非常に人気の高い部位です。 特に仙台の牛タンなどはご当地グルメとしても有名ですね。 そんな牛タンですが、舌の部分によって味や料理方法が違うって知っていましたか? また、普段私たちが目にしているタンの全容を見たことがある人というのも実は少ないのではないでしょうか。 そうしたタンについての情報や部分ごとのおススメ料理法をここではご紹介していきたいと思っています。 ぜひこれを機に「タン」について詳しくなっていってくださいね。 タンとは?もちろん舌のことです! タンとは英語から来ている言葉ですが、よく聞く「牛タン」はある意味和製英語にもなっていて海外の旅行客も注文するほどです。 私たちがよく目にするタンというと焼き肉屋さんでスライスされているものが多いかと思います。 しかし、実は牛タンは全長数十センチにもなる巨大な塊です。 その大きさから主に4つの部分に分けて出荷されています。 タン先… こちらは名前通りタンの先のところを指します。 脂肪分が少なく、肉質が固いこともあり主に煮込み料理に使われます。 タン中… 別名クラウンカットとも呼ばれる部分で、タンの真ん中表面を指します。 私たちが焼き肉屋さんで頼むと出てくるのはこの部分がほとんどなります。 タン下… 別名タンルートとも呼ばれ、タンの裏側部分を指します。 自分の下の裏側を考えれば分かりやすいですが、非常に筋が多いですよね?牛タンも同じように筋が多いので焼き肉にはあまり適していません。 こちらは挽肉などにしてハンバーグ用に加工されたりしています。 タン元… こちらは店舗や地域によってもその名前が変わりますが、舌の根元部分を指します。…

柔らかさNo.1!女性に圧倒的人気「ヒレ」

ヒレ肉というとやはり上品なイメージがありますよね。 そしてヒレ肉をチョイスするというのはちょっと大人な選択肢でもあります。 トンカツなどを想像すると分かりやすいですが、子供のころはロースかつ一択だったものが大人になるとヒレかつを頼みたくなるあの現象です。 やはりロースなどに比べて脂身が少なく、かつ肉質が柔らかというのが最大の特徴です。 かといってもちろんパサついているわけではなく、サーロインあたりの極上の霜降り脂がしっとりとヒレ肉の周りにも付いています。 人によっては牛肉の中で一番美味しいと評する人もいるでしょうし、女性にとってはヘルシーな印象が強いので罪悪感なく楽しめる最高の牛肉の部位です。 ここでは、そんなヒレ肉についての特徴とおススメの食べ方をご紹介していきたいと思います。 ヒレとは… ヒレ肉の「ヒレ」とは元々フランス語の「フィレ(filet)」からきています。 腰からあばら骨にかけての部位を指しますが、日本で定められている牛肉のヒレはだいたい一頭から全体の3%ほどしかとれない貴重な部分です。 そのため値段も高く、ステーキにしろ焼肉にしろ効果なイメージが強くなっているわけですね。 ちなみに近年人気と知名度が高まっているのが「シャトーブリアン」です。 こちらはヒレ肉の中でも中心部分の上質な肉塊を指します。 どこのメニューやサイトを見ても非常に高価な価格設定となっていると思いますが、相手にとってはギフトとして贈られたらこれ以上はないという人気商品です。 おすすめしたい食べ方 ヒレ肉は基本的にはステーキ用のお肉という認識が強いかと思います。 これは脂身が少ないため、あまり火を通さずに中心に熱が通れば大丈夫という肉の特性が活きているからです。 そのためレアで楽しめるというメリットがありますね。 肉本来の旨味をしっかりと味わえる部位ですので、ぜひ厚切りでレア~ミディアムレアの焼き加減で食べて欲しい部分となっています。 贈りたい相手(こんな人におすすめ) 脂身が少ないということはカロリーもその分控えめ。 女性に人気の部分ですので、お仕事でお世話になっている女性の上司や取引先の相手に贈ってみてはいかがでしょうか。 また、柔らかい肉質が特徴的ですので年配の方にも安心して贈ることが出来ます。 あまり量をたくさん食べる部位ではありませんし、少量でも満足感が得られます。 人気・肉質ともに最高ランクのお肉ギフトといえるでしょう。